後継者を見つけて事業継承するメリット

わたしは60代の会社経営者です。後継者が近親におらず、このままいけば、継承者がいないので事業をたたまなければいけないのかと真剣に悩んでいました。せっかくここまで苦労して経営してきた事業をたたまなければならないことや、多くはないとはいえこれまでついてきてくれた従業員やその家族のことを考えると心が痛んでいました。

廃業すべきか、それとも何か別の方法で事業継承者を探すべきなのかあれこれ悩んでいました。そんな時に見つけたのがM&Aによる後継者問題の解決と事業の継続です。まずはM&Aについて説明する必要がありますが、これは「合併」を意味するMergersと「買収」を意味するAcquisitionsを略したものです。

M&Aとは、企業の合併買収の事を意味し、2つ以上の会社が一つになったり、会社が他の会社を買い取ったりすることを意味します。廃業することと、M&Aを利用した事業の継承のメリット、デメリットを比較してみて、わたしの場合は、M&Aを利用した事業継承、後継者問題の解決を図ることにしました。事業継承ならこのサイトに詳しく載っています。

廃業することによって生じるメリット、デメリットはなんでしょうか?事業を清算、廃業すれば、その後の残った財産は、株主に分配されます。創業者として自社株を所有していれば利潤を確保できます。会社の商品が残っていればそれも売却してお金に変えることができますが、たいていは安く買いたたかれてしまいます。

他にも、債務や返済などの資金繰りの悩みから解放されるとか、自分のタイミングで廃業するための手続きを始めてリタイヤできることもメリットです。逆に、これまで働いてきた従業員に退職してもらい、退職金を支払う必要があること、築き上げてきた取引先との信頼関係、積み上げてきた技術、ブランド、人脈などの経営資産がなくなってしまうのはデメリットです。

また、清算の際に、会社資産を売却して現金化して、借入金を完済しようと考えるかもしれませんが、見込んだように売却が進まなかったり、予想していた値段よりも安く買いたたかれたりするなどで、結局清算後も借入金が完済できないということが生じる危険もあります。

では、M&Aでの事業継承にはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうかまずは、後継者問題が解決できるということです。さらに、買収先の企業に、自分の会社の従業員がそのまま雇用してもらえることも多いので、従業員の雇用実現という利点があります。受け入れ先の企業の販路、社員教育システムなども活用できるので、さらなる販路の拡大、事業の拡大、社員のスキルアップなども見込めます。

創業者利潤の確保に関しても、M&Aで会社を買い取ってもらった場合は、会社の将来の超過収益力も加味して、会社の看板あるいはのれんに評価額が付きます。そうなってくると残った資産の評価も高くなり、清算、廃業したときよりも大きく利潤を確保できます。税率的にも、清算して資産を売却した時よりも、M&Aを利用して株式で譲渡した場合の方が課税率を抑えることができます。

わたしにとって、従業員は一緒に頑張ってくれた家族よりも大事な存在といってもいいくらいです。今後のことを考えるときは、従業員のことを一番に考えたいと思っています。ということでわたしの場合はM&Aを活用して、近親者以外から後継者を選び、事業継承して雇用を守ることにしました。さっそく、M&Aの仲介を行ってくれるコンサルタントを探してみて、この計画を進めていこうと思います。