M&A事業継承に必要な仲介の費用を知る

後継者問題や、事業継承問題を効果的に解決する方法として注目されているM&Aですが、仲介コンサルタント業者に依頼し、それを行うことができます。自分の意向や、経営してきた企業の価値を正しく判断し評価してくれて、安心して譲渡できる企業を提案してくれる仲介業者を選ぶことは、その後の自分や従業員とその家族の人生に関わってくるのでとても大切です。

では、仲介業者に依頼した場合どれくらいの費用が必要なのでしょうか?まず、基本的にM&Aや事業継承に関わる問題の相談に関しては、大手の仲介業者の場合ほとんど無料で行ってくれます。同じように、仲介契約締結までの間は、一切の費用を請求しない、また仲介業者に自社を登録するときも費用を請求される心配もないです。

実際の報酬は、譲渡企業、譲受企業双方とも、着手金プラス成功報酬という形があります。譲渡企業からは、着手金、企業価値算定料、譲渡契約成立時に成功報酬という形で支払うことになります。譲り受けの企業からは、着手金、情報提供料、成約時の成功報酬という形で同じように費用が支払われます。この各種手数料は、譲受企業の資産規模によってその金額が変わってきます。

また仲介業者によっては、月額費用などを設けているところもあれば、各種手数料を無料にしている業者など違いがありますから、それぞれの会社の料金体系の違いを比較して、なおかつ実績や信頼のあるコンサルタントを選ぶことができるでしょう。

会社を経営するものとして、将来の会社の行く末を考えることも大切です。後継者問題や事業継承問題の解決として、子供や親族に継がせるだけでなく、M&Aという方法もあることを念頭に入れておくこともできるでしょう。