M&Aで事業継承するメリット

事業継承問題解決としては、上場する、子供や親族、あるいは従業員に継承させる、廃業して継承問題そのものをなしにする、M&Aで企業を買収してもらうという方法が考えられます。

M&Aで企業を買収してもらうことは、最近注目を集めている方法ですが、ではそうするメリットは何でしょうか?会社の株式上場のハードルはとても高くこれ自体が難しいと言えます。

子供や親族に会社の経営を継承させることは簡単ですが、継承できる子供や親族がそもそもいなかったり、能力が無かったりすればこれも不可能です。従業員も、会社を譲り受けることができるだけの資金力が必要とされますが、資金力不足や銀行からの融資のための信用が得られにくい、経営者としての能力の有無などの問題があります。

こう考えていくと、M&Aを活用した事業継承のメリットが浮き彫りになってきます。M&Aによる会社譲渡により、後継者問題がすんなり解決できるのです。事業拡大の意欲や資産のある企業に買収してもらうことにより、会社のさらなる発展が可能です。

譲渡先が従業員の雇用を保証してくれるのであれば、社員とその家族の生活も保証され、譲渡先の会社でさらに自分の能力を発揮することができます。オーナー社長であれば、会社の資金調達のために個人保証や個人担保を提供していたかもしれませんが、M&Aによる譲渡であれば、今後それらからも解放されます。譲渡先の企業によっては、会社の役員等として事業にこれからも参加することが可能な場合もあります。

逆に、売却した事業には参加せず、所有している不動産から得られる賃貸料などで、悠々自適のリタイヤ生活を満喫することももちろん可能です。M&Aを利用すれば、後継者問題の悩みもうまく解決できるでしょう。